【K365motion】Youtubeはこちら

【Aftereffects】曲に合わせて動くオーディオスペクトラムの作り方

みなさま、オーディオスペクトラムというアニメーション(機能)をご存じでしょうか?音楽配信Youtubeチャンネル「NoCopyrightSounds」NCSが有名どころですがこの様にBGMやオリジナルの楽曲を音に合わせて動くアニメーションをオーディオスペクトラムと言います。

今回は実際にAftereffectsでオーディオスペクトラムを簡単に作成する方法をご紹介したいと思います!

オーディオスペクトラムとは?

Aftereffectsで作成できるオーディオスペクトラムとはBGM音源に合わせて形を変えることが出来るアニメーションです。音の抑揚を視覚的に見せることが出来るので音源を公開しているYoutube動画を作成したいという方などにオススメのアニメーションです!

オーディオスペクトラムに必要なもの

まずはAftereffectsでオーディオスペクトラムを作成する上で必要な素材などをまとめていきます。

  1. 動画編集ソフトAftereffects
  2. MP3素材(MP3とは音源のみを収録したファイル形式)

これだけです!

オーディオスペクトラム作成手順

では早速作成手順の説明に入りたいと思います。

STEP01.背景の作成

Aftereffectsで新規コンポジションを作成後レイヤー→新規→平面を選択します。

K365motion
K365motion

背景色や背景画像はご自身のお好みです。しかしオーディオスペクトラムを目立たせたい!と思っている方は黒色平面や暗い背景画像を使用しましょう。

STEP02.MP3ファイルを読み込み

自分がオーディオスペクトラムで動かしたいと思っているMP3ファイルをタイムライン上に読み込ませましょう。先程の平面背景画像レイヤーの上に配置。

STEP03.平面レイヤーをエフェクト用にもう一度作成

先程平面レイヤーを作成しましたが同じ方法で平面レイヤーを作成します。

K365motion
K365motion

先程の平面レイヤーは背景用でしたが今回はエフェクトを掛けるための平面レイヤーです。

STEP04.エフェクトを適用

先程のSTEP03で作成した平面レイヤーに対してエフェクト→描画→オーディオスペクトラムを適用します。

K365motion
K365motion

オーディオスペクトラムの作成はこれでほとんど完了です。後は見た目の設定をするだけです!

オーディオスペクトラムの設定

オーディオスペクトラムをどんな見た目にするのかをやってみたいと思います。色の変更、形の変更、を解説していきます。

オーディオスペクトラムを円形にする方法

先程作成したオーディオスペクトラムに対してツールバーから円形で囲むように配置しましょう。そうすれば自動的に円形のマスクが作られます。

マスク作成後のオーディオスペクトラム設定

K365motion
K365motion

上から設定を変更する部分をご紹介していきます!

  1. オーディオレイヤー→先程読み込んだMP3を選択
  2. パス・マスク→先程作成した円形マスク(例:マスク01など)
  3. サイドオプション→サイドB

オーディオスペクトラム色変更

作成したオーディオスペクトラムからレイヤースタイル→グラデーションオーバーレイ

K365motion
K365motion

この方法でカラーをグラデーションに変更することができます!是非試してみてください

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録