【K365motion】Youtubeはこちら

【Aftereffects】画面の淵を暗くする方法【ぼかし、グラデ】Vignette

Aftereffects

アフターエフェクトで画面の淵を暗いグラデーションでぼかすような表現の作成方法をご紹介したいと思います。この表現は画面中央に注目を集めたい場合や動画自体に雰囲気を作るための演出でよく使われているので是非活用ください!

画面の四隅を暗くする←正式名称

この画面の四隅を暗くする表現には正式名称があり。あまり聞き慣れませんが「ビネット(Vignette)」と言います。

この「ビネット(Vignette)」をうまく使った映画や動画作品も沢山あるので是非検索して探してみてください。

ビネット作成方法- ① –

AftereffectsAftereffects

ビネットを掛けたい動画素材などをAftereffectsで読み込み。ビネットを掛けたい動画素材は暗いぼかしが入るので画面一杯に配置しておきましょう

平面レイヤー作成

素材動画の上に新規レイヤー→平面レイヤーで黒色平面レイヤーを作成

平面レイヤーの色は黒色を選択しましょう。暗いビネットを作りたい場合

円形ツールでマスク

ツールバーの円形ツールを先ほど作成した黒平面レイヤーの中央にマスクを掛けます動画の縦横比に対して適切な大きさで作成しましょう。

円形ツールでマスクをかける際の注意点(マスクをかけたいレイヤーをクリックなどで選択してから)

又は平面レイヤーを選択した状態で円形ツールをダブルクリック

マスク設定

マスクをかけた後に平面レイヤーのマスクからマスクの反転、チェックを入れる。

そうすると画面の淵を黒く塗りつぶすようになります

  1. マスクの境界のぼかしの数値を約50程に変更して四隅になるほど徐々に黒が薄くなっていきます。
  2. マスクの不透明を変更する事で背景動画に馴染むようにビネットを掛けることができます

最初に作成した平面レイヤーを黒ではなく白や赤色にする事でビネット事態の色も変える事ができるので色々試してみましょう!

ビネット作成方法- ② –

ビネットを掛ける方法はもう一つあります。こちらの方法でも簡単に作成することが出来るので参考にしてみてください。

調整レイヤー作成

調整レイヤーの作成方法は

  1. レイヤー→新規→調整レイヤー
  2. ショートカットキーCtrl + Alt + Y
調整レイヤーとは?

調整レイヤーで設定したエフェクトを、調整レイヤーより下にあるすべてのレイヤーに反映させることができるレイヤーです。

なので作成した調整レイヤーは背景レイヤーの上に設置しましょう。

エフェクト【CC Vignette】を適用

エフェクト&プリセットから【CC Vignette】を先程作成した調整レイヤーに適用させます。

【CC Vignette】とは

調整レイヤーの中心を除いた周辺を暗く、自動的にしてくれるエフェクトです。

【CC Vignette】のパラメーター数値を設定しましょう。

  1. Amount : 160
  2. Angle of view : 50

まとめ

先に紹介したマスクを掛ける方法とエフェクトを使う方法2つを紹介しました。どちらも簡単に作成できる方法なので自分が最短で出来るなと思った方法を参考にしてみてください。

K365motion
K365motion

ビネットは動画に対して加えることで映画の様な雰囲気を演出させることが出来るので是非活用しましょう!

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録