【K365motion】Youtubeはこちら

【AfterEffects】プリセットの追加方法|【FFX】読み込み

【AfterEffects】には便利な”テンプレート”や”プラグイン”や”アニメーションプリセット”があります。しかしそれぞれには【AfterEffects】で実装する方法が異なります。今回はアニメーションプリセットファイル名FFXの追加、読み込み方法をご紹介したいと思います。

OSがWindowでもMacでも共通なので是非ご参考にしてみてください。

【FFX】アニメーションプリセットとは?

【AfterEffects】では標準機能で「アニメーション&プリセット」がありますが、標準機能以外にも個人や企業が作成、開発しているエフェクトデータを新たに追加できるのがアニメーションプリセットです。

プリセットを追加するだけで動画制作に幅が広がるので無料DLできるアニメーションプリセットから試してみましょう。

アニメーションプリセット追加手順

ダウンロードしたプリセット(FFX)をPresetsフォルダに移動

Aftereffectsに追加したいプリセットをPresetsフォルダに移動しましょう。PresetsフォルダはAftereffectsをインすオールしたときに保存しているファイルの中にあります。

Presetsフォルダの場所(Windows)

Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC\Support Files\Presets

Presetsフォルダの場所(Mac)

Applications/Adobe After Effects CC\Presets

Aftereffectsでリスト更新

Aftereffectsを開きツールバー「エフェクト&プリセット」の右上にあるハンバーガーメニューをクリックしたメニューのしたに「リストを更新」があるのでそちらをクリック。

※注意

プリセットのリスト更新をしなければ追加しても表示されないので必ず更新しましょう

プリセットの適用方法

先程更新した「エフェクト&プリセット」からご自身が追加したプリセットを検索します。見つけたプリセットをタイムラインにある適用したいレイヤーに対してドラッグ&ドロップで適用させます。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はプリセットの追加方法をご紹介しました。Aftereffectsでは標準機能だけではなく有志の個人や企業が便利なプラグインやプリセットを多数無料で配信しています。

難しいアニメーションも1クリックで実装できるものもたくさんあるので便利なものは率先して活用してみましょう。

おすすめ記事

こちらは私が実際に使用してみて便利だと感じた無料のプラグインを紹介しています。

[After Effects]便利すぎるプラグインまとめ モーショングラフィックスの独学方法【実践編】初心者向け

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録