【K365motion】Youtubeはこちら

【PremierePro】声や音楽を自動で音量調節

Youtube書き出し方法

PremiereProで動画編集する際に動画内の人の声とBGMの音量調整は難しいですよね、BGMが大きすぎると声が聞こえなくなり。小さすぎるとBGMの意味をなさなくなります。

なので今回はPremiereProで自動的に声とBGMを調整してくれる機能とその使い方をご紹介したいと思います。

ダッキング機能とは?

ダッキング機能とは今回の声とBGMの音量を自動調整するための機能のことをいいます。内容としては動画内で人の声が出ている時間はBGMの音量が下がり声が出ていないときはBGMの音量を自動的に上げてくれる機能です。

この機能により喋っているときにBGMを自動的に小さくすることで話の内容などに邪魔が入らないようになります。

ダッキング機能の使用方法

①エッセンシャルサウンドというウィンドウを開く

PremiereProの画面上部にウィンドウというメニューがあるのでそちらをクリックするとエッセンシャルサウンドがあるのでそちらを選択。

人の声クリップに【会話】を選択

タイムライン上の声部分だけを選択した状態で。エッセンシャルサウンドを開くとウィンドウ内に「会話」というボタンがあるのでそちらをクリック。

BGMクリップに【ミュージック】を選択

こちらも先程同様でタイムライン上のBGM部分を選択した状態でエッセンシャルサウンド→「ミュージック」ボタンをクリックしましょう。

④BGMクリップを選択してダッキングにチェック

ダッキングにチェックを入れればあとは画面したにある「キーフレームを生成」をクリックしましょう。そうすれば自動的に声とBGMの音量を調整してくれます。

声や音楽を自動で音量調節する
簡易フロー

先程開設した方法を簡易的にまとめます。

エッセンシャルサウンドというウィンドウを開く

PremiereProの画面上部にウィンドウというメニューがあるのでそちらをクリックするとエッセンシャルサウンドがあるのでそちらを選択。

人の声クリップに【会話】を選択

PremiereProの画面上部にウィンドウというメニューがあるのでそちらをクリックするとエッセンシャルサウンドがあるのでそちらを選択。

BGMクリップに【ミュージック】を選択

こちらも先程同様でタイムライン上のBGM部分を選択した状態でエッセンシャルサウンド→「ミュージック」ボタンをクリックしましょう。

BGMクリップを選択してダッキングにチェック

ダッキングにチェックを入れればあとは画面したにある「キーフレームを生成」をクリックしましょう。そうすれば自動的に声とBGMの音量を調整してくれます。

「キーフレームを生成」クリック

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は声とBGMを自動的に調整してくれるダッキング機能について解説しました。この機能を使用すればBGMに対して一つ一つキーフレームを打たなくても1クリックで完了してしまうとても便利な機能です!是非活用しましょう。

おすすめ関連記事

Youtube書き出し方法 【MediaEncoder】Youtube用動画書き出し&アップロードを同時に

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録