【K365motion】Youtubeはこちら

【PremierePro】動画の一部分だけ色変更|Lumetriカラー

Lumetriカラー設定

【PremierePro】では動画内の一部のカラーを全く別にカラー変更することが出来ます。しかもかなり制度が高いので動画として違和感の残るようなエフェクトでもありません。

例えば、緑豊かな公園の木々をオレンジに変更し、まるで紅葉の季節に撮ったかのような編集も可能です。

今回の色変更にはLumetriカラーという機能を使用します。是非こちらの機能を活用しましょう!今回は解りやすく手順通りに解説していきたいと思います。

Lumetriカラーとは?

【PremierePro】で動画編集する際にカラー変更することのできる6つのテーマになります。1つ1つ機能が異なるので使い分けてみましょう。

今回使用するテーマは5:HSL セカンダリになります。

1:基本補正LUT(ルックアップテーブル)設定、ホワイトバランス、トーン(明るさ、コントラスト、彩度)など、基本的なカラーコレクションをおこなうことができる。
2:クリエイティブ選択しているクリップに対して、全体のカラー調整(Look を適用して、ビデオをプロが撮影したフィルムのように見せたりできる)をおこない、好みのイメージに仕上げられるカラーグレーディング用の機能。
3:カーブ色の三要素である「RGB」をR・G・Bの各カーブを利用してクリップ全体のルミナンスと階調範囲を調整。また、特定の色相、彩度および輝度カーブも備えている。
4:カラーホイールと
  カラーマッチ
カラーマッチングオプションを使用すると、シーケンス全体の中の 2 つの異なるショットの外観を比較し、単一のシーンまたは複数のシーンでカラーと光量のアピアランスを一致させることができる。また、シャドウ・ミッドトーン・ハイライトの3ウェイカラーホイールによって、カラー補正ができる。
5:HSL セカンダリ通常、最初のカラー補正が完了した後に使用。フレーム全体ではなく、指定した特定の色だけをカラー補正するのが目的。
6:ビネットフレーム周辺のサイズ・形・明るさなどを調整できる。
Lumetriカラーパネル紹介

動画の一部分だけ色変更の方法

動画から変更したい色を選択

先程ご紹介した、LumetriカラーHSL セカンダリを使用します。

「キー」設定

動画内で色変更したい部分を「キー」で選択しましょう。イメージでは木々の緑を色変更したい場合は「キー」で緑を選択します。

「リファイン」設定

先程差別化した色と他の色の境界線をぼかします。ブラーを掛けることでより自然に色変更が可能になります。

「修正」で指定の色に変える

先程「キー」「リファイン」で設定した色を自分好みに修正しましょう。

モノクロ動画に一部だけ色を付ける方法

先程紹介したのは一部の色を変更する方法でしたが。これからはすべてをモノクロ(白黒)にして一部分だけ色を付ける方法になります。

エフェクト「色抜き」

【PremierePro】のエフェクトからビデオエフェクト→カラー補正→色抜きを指定の動画に適用させます。

エフェクト「色抜き」の設定

先程適用したエフェクト「色抜き」の主催設定をしていきます。

  1. 「保持するカラー」:動画内の残したい色をスポイトで指定
  2. 「色抜き量」:モノクロにしたい部分の濃淡を指定
  3. 「エッジの柔らかさ」:動画ごとに数値が異なるのでより自然になるよう指定

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は動画内の一部の色を変更する方法と一部の色以外モノクロにする方法をご紹介しました。どちらも1つのエフェクトで完了でき簡単なので是非活用してみてください。PVやMVなど凝った動画を作りたい方にはおススメな動画演出です。

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録