【K365motion】Youtubeはこちら

【MediaEncoder】Youtube用動画書き出し&アップロードを同時に

Youtube書き出し方法

【MediaEncoder】には様々なメディアに最適な書き出し設定が可能です。MP4動画やMOVで書き出すのですがメディアによっては動画解像度や動画の縦横比があります。After Effectsやプレミアムプロ共通の方法になります。

今回はその中でもYoutubeに投稿する際に最適な【MediaEncoder】での設定方法をご紹介したいと思います。

【MediaEncoder】でYoutube用に動画を書き出しながらそれと同時にYoutubeにアップロードしてくれる便利な機能があります。

【MediaEncoder】とは

Adobe製ソフトの書き出し=動画の保存専用ソフトになります。Adobe製なのでAdobe動画編集ソフトであるAfter Effectsやプレミアムプロでしか使用できません。After Effectsやプレミアムプロをインストールしていると自動的に【MediaEncoder】事態もインストールされているはずです。

とりあえずMP4やMOVを書き出したい方

今回はYoutube投稿に最適化された設定方法をご紹介しますがただ単にMP4やMOVを書き出したい!という方はこちらのページをご参考にしてください。

【AfterEffects】書き出し(MP4,MOV)の方法を画像付きで解説!|AE講座

Youtub投稿動画に最適な書き出し方

MediaEncoderキューに追加

Aftereffectsの画面左上にある

ファイル→書き出し→MediaEncoderキューに追加をクリック

MediaEncoder上で設定

【MediaEncoder】上で動画の書き出しとYoutubeのアップロードを同時にしたい場合はYoutubeアカウントにログインする必要があります。

こちらのH,264をクリックすると書き出し設定画面へ移動することができます。

プリセット設定からYoutube

プリセットメニューからYoutubeの欄があるのでそちらを指定します。他にもTwitterや他SNS用の設定もあるます。

MediaEncoder上でYoutubeログイン

プリセットの下にパブリッシュ欄があるのでそちらからYoutubeのチェックを入れましょう。するとYoutube同行用にタイトルやタグなど基本的な設定が出来るようになります。

右側に「ログイン」ボタンがあるのでそちらをクリックして所有しているYoutubeアカウントでログインしましょう。チャンネルは複数の中から選択可能なのでチャンネルごとにも書き出し&アップロードできます。

書き出し開始

設定が完了しましたら書き出しを開始します。書き出し方法は先程の画面から緑の再生ボタンをクリックすれば自動的に開始されます。

まとめ

いかがだったでしょうか?Aftereffectsやプレミアプロで制作した動画をYoutubeで書き出し&アップロードする方法を解説しました。

K365motion
K365motion

書き出しにもYoutubeアップロードにも時間が掛かるので面倒ですよね汗しかしこの方法では一気にアップロードもできるのでPCをスリープしたままでも完了できます。

Aftereffects 【Aftereffects】PCを閉じた(スリープ)まま書き出しする方法

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録