【K365motion】Youtubeはこちら

【SparkAR】を活用している企業・アーティストの事例まとめ【Instagram】

今回はARを活用して企業やアーティストがインスタグラムで実際に公開している事例を紹介していきたいと思います。

ARの中でも【Instagram 】が独自に開発しているSparkARを利用している実例を紹介します。こちらのARは企業のブランディング、アーティストの独自の世界観や魅力を伝える役割があります。

企業のAR事例もジャンル別でご紹介します。

【AR】事例を見る方法

スマートフォンでInstagramuを開く

WEBから【Instagram 】を開いた場合今回ご紹介するARファイルたーを見ることができません。

InstagramuアカウントからAR投稿

企業やアーティストが運営しているアカウント画面から投稿されているARを体験することができます。場所はアカウント画面↓に顔のアイコンがあるのでそちらに投稿されています。

【AR】アパレル:UNIQLO

UNIQLO:ARフィルターの内容

ARフィルターを見てみると人物の動きに合わせて幾何学模様のオブジェクトを周囲に出現&追尾させる。という様なものでした。

ここではユニクロのヒートテック商品のアピールユーザーが体験してみたいと感じるようなARフィルターになっていますね

【AR】アパレル:DIOR

DIOR:ARフィルターの内容

ディオールのARフィルターは撮影者がランウェイで歩いているかのような体験ができるフィルターが多い印象です。

その他には帽子やアクセサリーを身に着けるARフィルターなど販促目的だけではなく、ユーザーを楽しませようという事例が多い印象です。

【AR】飲食:スターバックス

スターバックス:ARフィルターの内容

顔の上にスターバックスで人気の商品を表示させるエフェクトです。ユーザーから人気の高いスターバックスだからこそできる使い方ですね

スターバックスには他にも沢山アカウントがありARエフェクトが公開されていますので是非探してみてください。

【AR】インテリア:IKEA

IKEA:ARフィルターの内容

家具販売をしているIKEAですがインテリアばかりに注力していない企業のスタイルが反映されている様なエフェクトが多い印象です。

ロゴでも使用されている青と黄色のカラーを使ってユーザーが楽しめるようなARフィルターを公開しています。

【AR】アーティスト:ONE・OK・ROCK

ONE・OK・ROCK:ARフィルターの内容

有名ロックバンドONE・OK・ROCKですがARフィルターをみてみると楽曲(音)とフィルターを使っていてファンがARを活用して自撮りでき、それを様々なSNSで共有できる仕様になっています。

【AR】アーティスト:RADWIMPS

RADWIMPS:ARフィルターの内容

こちらも有名バンド、RADWIMPSです。ARフィルターを見てみるとRADWIMPSの作品を美術館で見ている様な不思議な体験ができました。

見る角度を自分で変えて様々な角度から楽しめるのでRADWIMPSを知らない層に対しても世界観を伝えることが出来る素晴らしい作品になっていました。

AR活用事例:まとめ

今回は一部ですがARを活用している企業・アーティストのAR活用事例をまとめてみました。様々なARを見ていくとそれぞれの世界観を伝えることの出来るものが現段階のARフィルターに求められていることだと感じました。

企業も例外ではありません、商品やサービスを伝えるというよりもインスタグラムアカウントに来てくれたユーザーを楽しませるという気持ちを感じました。

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録