【K365motion】Youtubeはこちら

【AfterEffects】便利なエクスプレッション10選|コピペでOK

AfterEffects エクスプレッションの使い方

エクスプレッションを使用する方法

エクスプレッションを適用したいプロパティ横のストップウォッチをoption(alt)キーを押しながらクリックします。

するとエクスプレッションの入力フォームが表示されます。

例えば1秒間に1回転させたい場合「time*360」と入力します。

エクスプレッションをオフにする方法

「=」をクリックします。

バウンス|エクスプレッション

このAfter Effectsのバウンス表現は、アニメーションやタイトルを弾力のある動きでダイナミックに見せるのに非常に有効です。

After Effect Expression bounce
JS(コピペOK)
amp = .1;
freq = 2.0;
decay = 2.0;
n = 0;
if (numKeys > 0){
n = nearestKey(time).index;
if (key(n).time > time){
n--;
}}
if (n == 0){ t = 0;
}else{
t = time - key(n).time;
}
if (n > 0 && t < 1){
v = velocityAtTime(key(n).time - thisComp.frameDuration/10);
value + v*amp*Math.sin(freq*t*2*Math.PI)/Math.exp(decay*t);
}else{value}
After Effect Expression bounce

フェード|エクスプレッション

自動フェード表現は、フェードアニメーションのキーフレームを作成するのが面倒な場合に有効です。

autofade
JS(コピペOK)
transition = 20;       
if (marker.numKeys<2){
tSecs = transition / ( 1 / thisComp.frameDuration); 
linear(time, inPoint, inPoint + tSecs, 0, 100)
 - linear(time, outPoint - tSecs, outPoint, 0, 100)
}else{
linear(time, inPoint, marker.key(1).time, 0, 100) 
- linear(time, marker.key(2).time, outPoint, 0, 100)
}

ループ|エクスプレッション

ループ表現は、After Effectsの中で最もよく使われる表現で、アニメーションを永遠に繰り返すことができます。
ループの時間や繰り返しをコントロールすることもできます。

Loop
JS(コピペOK)
loopOut("cycle");

ディレイアニメーション|エクスプレッション

このモーショントレイル表現では、以下のように、レイヤーを引きずるような面白いアニメーションが得られます。

motion-trail
JS(コピペOK)
//Apply to position
delay = 5; //number of frames to delay
d = delay*thisComp.frameDuration*(index - 1);
thisComp.layer(1).position.valueAtTime(time - d)

//Apply to Opacity
opacityFactor = .75;
Math.pow(opacityFactor,index - 1)*100

コメントを残す

【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録はこちら
【After Effects】チュートリアルを解説 動画クリエイターに。無料プロジェクト配布中!
Youtube登録